猫の乳腺腫瘍

⚫はじめに

猫の乳腺腫瘍も犬と同様に性ホルモンの暴露が関与しているといわれ、乳腺腫瘍が発生した子の99%は避妊していない雌です。よって早期の避妊手術によって発生率が低くなります(6カ月齢以前に行うと9%に下がります)。

猫の乳頭は基本的に4対で合計8個あり、その周囲や乳腺に沿って発生します。
腹部にできたしこりを見つけたり、皮膚からの出血を発見して来院するケースが一般的です。
しこりの場所、大きさ、数などを確認してから細胞診検査を行い、そのしこりが乳腺腫瘍なのか、他の種類の腫瘍を疑うのか、腫瘍以外を疑うのかを調べます。
※細胞診検査はしこりに細い針を刺して採取された細胞を顕微鏡で確認するもので、麻酔は必要なく負担もとても軽い検査です。